二種運転免許は合宿免許で

普通自動車は、普通自動車運転免許(第一種免許)があれば運転できますが、路線バスやタクシーというように、お客さんを乗せて走る場合は、第二種運転免許が必要になります。お客さんを載せて料金をもらう場合は、第一種免許では運転できないというルールがあるからです。ただし料金をもらわないような場合は、第一種免許でも運転ができます。

免許証路線バスやタクシーの運転手になる場合は、第二種運転免許が必要です。第二種免許があれば、大型や中型、大型特殊車も運転できます。普通に教習所に通って取得することもできますが、第一種免許と同じように合宿免許という方法もあります。第二種免許は検定が終了するまでに満21歳になっていること、第一種免許を取得してから3年以上経過していることが条件となります。18歳ですぐに第一免許を取得した人でも、21歳になるまでは第二種免許は取得できません

合宿免許なら教習所に通うよりも期間が短くなりますし、その分料金もお得になります。仕事をするのに第二種免許が必要という場合は、少しでも早く免許を取得すればその分早く仕事に就けるので合宿免許を選ぶ人も少なくありません。

合宿免許は教習所による違いはありますが、ほぼ全国に合宿所があるので料金やスケジュールなどに合わせて自分が行きたいと思う場所が選べます。教習所によって卒業までの日数は変わってきますが、第二種免許では最短7日から8日となっているので、短期間に集中して教習を受けたい時にも便利です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket